グループ施設紹介

救護施設 大阪市立港晴寮

001 002 003 004 005 006 007 008 010

施設概要

施設名
救護施設大阪市立港晴寮
種別
生活保護法による救護施設
設立年月日
昭和51年10月1日
施設長名
川原田 正樹
受け入れ人数
30名
施設面積・構造
敷地面積:780.00㎡
延べ床面積:1,222.38㎡
鉄筋コンクリート3階建

スタッフ内訳(専門職別)

施設長
1名
指導員
1名
介護職員
7名
栄養士
1名
医師
(1)名
事務職員
1名
看護師
1名

サービス内容

受け入れ対象

身体や精神に障がいのある方や、経済的な理由で日常生活を送ることが困難となった方
生活面全般の支援が必要な方々(当施設は男性のみ)が入所の対象となります。

利用料

当施設は生活保護法による措置費により運営されています。そのため、費用は措置機関が負担します。ただし、個人の収入(年金・仕送り等)がある場合はその収入で自己負担して頂いています。

居室について

居室は全て4人部屋でカーテンを設置しプライバシーの保護をしています。
また、入浴は週3回(月・水・金)実施、一般と介助浴に分かれており同性介助にて行っています。
廊下は分煙機を設置してタバコの吸わない方へ配慮をしています。

サービス

保健医療サービス:
春季・秋季には、利用者の方全員の健康診断を実施し、疾病の早期発見に努めているほか、内科嘱託医による健康相談日を設けています。
さらに精神科医による定期往診や様々な悩み事の相談にも広く応じ、心身の健康管理を図れるように支援しています。
リハビリ:
利用者の方の個々の実生活に近い住環境を実現するための、ICFモデルの考え方を反映させる取り組みを目指しています。
作業訓練:
利用者の方の自立を支援する観点から、施設内で行う組立・加工作業を実施しています。
施設外での就労についても本人の能力と意欲に応じて積極的に対応しています。
【作業種目】文具商品の組立・加工作業・紙加工作業・清掃作業・外部就労支援等

施設でのレクリエーション

■地域交流
地域住民・実習・ボランティアの方々に可能な限り行事への招待を行い、施設の情報を公開しています。
■クラブ活動
スポーツ・書道・歌謡・美術・園芸など、日常生活を豊かで潤いのあるものとするため、出来る限り多彩なメニューのクラブ活動をご用意しています。
楽しみながら学べる機会を提供します。
■年間イベント
観桜会、林間学校、納涼会、1泊旅行、もちつき等季節にふさわしい行事を随時開催。
施設内外で行うレクリエーション活動を企画し、心豊かで生き甲斐のある日々を過ごせるよう配慮しています。

施設のお食事について

四季折々の工夫をこらしたメニューを提供することを基本に多様化するニーズにも対応できる食事サービスを行っています。
また、選択可能なメニューを増やすよう考慮しています。

施設よりご家族さまへ

当施設の立地は、地下鉄中央線朝潮橋駅下車、西へ徒歩10分。
住宅地の中にあり、近隣には商店街や体育館・プールなど公共施設も充実した環境区域でもあります。

ご利用者さまのご家族には、施設の情報や利用者の近況を定期的にお知らせしているほか、帰省時における援助方法のご報告や行事への招待を積極的に行うことで、介護の負担の軽減だけでなく、ご家族間のスムーズなコミュニケーションを応援しています。

  • 〒552-0023 大阪市港区港晴2-4-25
  • TEL.06-6572-0061
  • Eメール:kosei@minatoryo.or.jp
  • 最寄り駅:大阪市営地下鉄 中央線 「朝潮橋」駅より約1km(徒歩:約10分)