採用情報

職員からのメッセージ

意志を共有してくれる仲間と気持ちに応えてくださるご利用者さまが、仕事のモチベーションになっています。
信念を持って取り組んでいきたい。

みなと寮  介護副主任 森口 みどり
みなと寮
介護副主任 森口 みどり
出身校:大谷女子大学
みなと寮の風景

ご利用者さまの笑顔が私の原動力です。

現在の私の仕事は、ご利用者さまの自己実現のための介護と援助、それから相談に対応することです。
介護職は「仕事が辛そう」と思われがちなのですが、私は、今の仕事を辛いと思うことはありません。確かに忙しい毎日ですがそれだけにやりがいがありますし、なによりご利用者さまが笑顔になったその瞬間を見るたびに「あぁ、よかった」と思えるから。ご利用者さまの笑顔が、私の原動力なんです。

ご利用者さま、ご家族さま、スタッフ間でのコミュニケーションが大切。

仕事のうえで大切なのはコミュニケーション。ご利用者さまとはもちろん、ご家族さまと、そしてスタッフ間でのコミュニケーションも大切です。
ご利用者さまの中には、様々な障害や悩みを抱えた方がいます。そうした方々に、ごく"当たり前"の生活を意識せずに行っていただくことが私の理想です。一人ひとりが自己実現を果たしていく、その支援ためには、"入居されているご利用者さまと施設で働く介護者"という枠だけではない深い信頼関係が不可欠です。さらに、こうした支援を展開していくためには、施設のスタッフもチームとなって互いに協力することが大切。
時には、かたくなに拒否を続けるご利用者さまの支援を、ご家族さまの理解を得ながら進めていくこともあります。日常的なコミュニケーションによって協力・理解・信頼関係を築くことにより、多くのご利用者さま、ご家族さまの力になれると思っています。

まずは、やってみよう。

現在、福祉・介護の業界を目指している皆さん。

みなと寮は、スタッフのチームワークを重視している福祉施設です。互いに協力し合い、ひとつの目標に向けて努力をしていけるスタッフが揃っています。色々思うこと、悩むことも多いかと思いますが、私からアドバイスができるとしたらそれは「まずは、やってみてから考えよう」ということ。思い悩む前に、行動を起こしてみましょう。私たちスタッフは、皆さんの踏み出す一歩をお待ちしています。

大事なのは、一人ひとりを見つめて「自分には今何ができるか」を常に考え続けること。
自分なりの福祉のあり方を実践していきたい。

弘済院第1特別養護老人ホーム  介護副主任 大橋史子
弘済院第1特別養護老人ホーム
介護副主任 大橋史子
出身校:龍谷大学
弘済院第1特別養護老人ホームの風景

かけがえのない時間を、有意義に過ごしていただくために

現在は、特別養護老人ホームに入所されているご利用者さまの食事や入浴、排せつなど手助けが必要な生活の一部をお手伝いしています。この特別養護老人ホームで働き始めて気づかされたことは、やはりご利用者さまと触れ合うことの大切さ。毎日、仕事を通じて接するご利用者さまや、ご家族さまの笑顔を見るのは何より嬉しいことです。名前を覚えていただき「いつもありがとう」「様子はどうですか」と何気なく話していただけると、この仕事をやっていてよかった、と思います。
その一方で、時にはご利用者さまが、施設で亡くなられることもあります。悲しく、辛いことではありますが、その方の人生の最期のひと時を共に過ごせたという事実は、とても貴重なことだと私は思っています。ご利用者さまにとっても、ご家族さまにとっても、かけがえのないそのひと時が幸福で充実したものであるように。私をはじめ、ナースやドクターなど施設のスタッフは、「一人ひとりに合わせた最適なケア」を目指してご利用者さまの状態や気持ちに気を配り、チームとして連携したり、時にはお互いに学び合ったりしながら、毎日の仕事に取り組んでいます。

ご利用者さまのために、そしてご家族さまのために。

私が介護職員を目指したきっかけは、私の祖母にあります。
中学校のころ、祖母は認知症になり、自宅で両親が介護を行っていました。介護が家族にとって大きな負担であることは、中学生の私にも理解できましたし、やがて祖母が特別養護老人ホームにお世話になった時の家族の「介護の負担が減って助かる」という言葉が強く印象に残りました。介護をする側も、される側も、互いに抱いている大変さ。その負担をできるだけ減らして、より良い毎日を過ごすお手伝いをしたい、と私も考えるようになったんです。

責任とやりがいのある、みなと寮で一緒に働きませんか?

私のいる施設を含めて、みなと寮の良い点は若手が多く、責任感ややりがいをもって仕事ができること。頼りになる先輩も多く、私もこの施設に入ってから多くのことを学びました。今の私の目標は、介護福祉士となること。試験合格に向けて、勉強の毎日です。
皆さんも、みなと寮で私たちと一緒に働いてみませんか?多くのご利用者さまやご家族さまと触れ合うことは、皆さんにとっても福祉や介護のあり方ついて、そして高齢化社会や社会保障について深く考えるきっかけとなるはずです。そしてなにより、人と接し共に時を過ごすことの喜びと充実を感じることができますよ。