サービス紹介

大阪府各地に救護施設と介護保険事業所を運営する、
歴史ある社会福祉法人みなと寮

救護施設とは

救護施設とは、生活保護法に基づく福祉施設です。身体上や心身上の理由などにより、独立して日常生活を営むことができない障害者や生活困窮者を対象に、居室、食事等の提供をはじめ日常生活全般の支援を行い、健康で文化的な生活を提供しています。利用者が自立し社会復帰できることを目指して、生活上の支援はもちろん、社会面・経済面などのさまざまな局面での自立を考えた生活を組み立て、自らの判断と決定により主体的に生活していけるよう支援しています。また、作業支援として、製品の組み立て・紙加工・清掃・クリーニング等の施設内作業を用意し、働くことの価値と喜びを理解していただくとともに、自立へとつなげるステップとするなど、支援内容を幅広くとらえ、施設外勤務のための支援も行っています。

介護保険施設とは

介護保険法に基づく事業で、介護保険施設(介護老人福祉施設・介護老人保健施設・介護療養型医療施設)、居宅介護支援事業、居宅サービス(訪問介護事業・訪問看護事業・通所介護事業・通所リハビリテーション事業・短期入所生活介護事業・小規模多機能型居宅介護事業・認知症対応型共同生活介護事業など)があります。
当法人では入所施設として介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)と認知症対応型共同生活介護事業(グループホーム)を運営しています。特別養護老人ホームでは短期入所生活介護事業(ショートステイ)の受け入れも行っています。在宅の高齢者向けのサービスとしては、居宅介護支援事業・訪問介護事業(ホームヘルプセンター)・通所介護事業(デイサービス)の三事業を備えた在宅介護支援センターの運営を行っており、また、地域福祉の総合的機関としての地域包括支援センターの運営も行っています。

特別養護老人ホームとは

身体上または精神上著しい障害があるために常時の介護を必要とする方であって居宅において介護サービスを受けながら生活することが困難な方や、要介護状態にあり施設での生活を希望される方が入所される施設です。施設において食事や入浴、排泄等日常生活上の介護や健康管理を行い、必要に応じて医療サービスや機能訓練等のサービスを提供することで、利用者の方が安心して生活を送れるよう支援いたします。
特別養護老人ホーム愛港園と弘済院第1特別養護老人ホームは、身体的介護が必要な方から認知症の方まで、要介護の高齢者を広く受け入れる入所施設となっています。特別養護老人ホーム第2愛港園は、大阪府下に於いても珍しい、認知症状の強い高齢者を専門的に受け入れる、認知症ケアに特化した入所施設となっています。
ショートステイは、利用者への介護サービスを提供するとともにご家族の身体的及び精神的負担の軽減を図ることを目的とするもので、愛港園、第2愛港園、弘済院第1特別養護老人ホームの全施設において受け入れを行っています。
また、第2愛港園では認知症の方専門のデイサービスも行っています。

地域在宅サービスステーションとは

在宅で生活しておられる高齢者の方に介護が必要になった際に、適切な介護保険サービスを受けられるよう支援することを目的とした事業所です。
当法人の2ヶ所の地域在宅サービスステーションでは、ケアマネジャー(介護支援専門員)がケアプランの作成や各種介護サービス利用の調整を行う居宅介護支援と、ホームヘルパーによる身体介護・生活援助を行う訪問介護(ホームヘルプサービス)、在宅の高齢者の方に通所して介護サービスを受けていただく通所介護(デイサービス)の3つの事業を行っています。
港地域在宅サービスステーションは、特別養護老人ホーム愛港園に併設した事業所であり、築港地域在宅サービスステーションは独立型(他の介護保険施設に併設していない事業所)となっています。

グループホーム(認知症対応型共同生活介護事業)とは

認知症の症状のある高齢者の方が入所対象となっており、入所者の方が少人数で家庭的な雰囲気の中で介護を受けながら日常生活を送れるよう支援する事業所です。
グループホームときめきの定員は9名で、全員の方が個室対応となっています。建物は平屋で台所やリビングがあり、一般家庭のような環境の中で過ごしていただけます。

地域包括支援センターとは

地域包括支援センターは、地域住民の保健・福祉・医療の向上や介護予防マネジメントなどを総合的に行う機関であり各市町村に設置されています。
港区南部地域包括支援センターは大阪市から業務委託を受けて当法人が運営を行っています。在宅介護において問題が生じている困難ケース(虐待等が疑われるケースなど)の相談窓口でもあります。