グループ施設紹介

救護施設 りんくうみなと

001 002 003 004 005 006 007 008 009 010

施設概要

施設名
救護施設りんくうみなと
経営主体
社会福祉法人みなと寮
種別
生活保護法による救護施設
設立年月日
平成18年6月1日
施設長名
森田 増穂
受け入れ人数
150名(男性96名・女性54名)
施設面積・構造
敷地面積:3,977.31㎡
延べ床面積:5,862.32㎡
鉄筋コンクリート4階建

スタッフ内訳(専門職別)

施設長
1名
主任指導員
1名
介護職員
25名
栄養士
1名
医師
1名
事務職員
2名
看護師
2名
調理員等
5名
介助員
1名

福祉サービス第三者評価



サービス内容

受け入れ対象

身体や精神に障がいのある方やその他の理由により、日常生活全般に援助を必要とする成人男女。

利用料

生活保護法による措置費により運営されています。そのため、費用は措置機関が負担します。ただし、個人の収入(年金・仕送り等)がある場合はその収入で自己負担して頂いています。

居室について

居室はカーテンを設置しプライバシーの保護をしています。
入浴は週3回(月・水・金)実施、一般と介助浴に分かれ同性介助を行っています。 また、廊下には分煙室を設置してタバコの吸わない方へ配慮しています。

サービス

保健医療サービス:
春季・秋季には、利用者の方全員の健康診断を実施しています。
疾病の早期発見に努めているほか、内科嘱託医による健康相談日を設けています。
さらに、精神科医による定期往診や様々な悩み事の相談にも広く応じ、心身の健康管理の支援を展開しています。
リハビリ:
専門的リハビリを受けるため近隣の医院へ週1回通院しています。
日常的には施設内で簡易なリハビリも実施しています。
作業訓練:
数々の作業を用意し、それぞれの利用者の方に適した作業ができるようにしています。
生活のリズムを整えるといった観点からも、社会復帰にむけた諸準備としても、幅広い種類の作業を用意しています。

施設でのレクリエーション

■地域交流
地域社会福祉の発展のため、地域住民・実習学生・ボランティアの方々を行事へご招待し、施設の情報公開に努めています。
■クラブ活動
散歩・図工・書道・歌謡・園芸といったクラブ活動を行っています。
日常生活を豊かで潤いのあるものとするため、出来る限り多彩なメニューを用意し、楽しみながら学べる機会を提供しています。
■年間イベント
一年を通じて観桜会、林間学校、納涼会、1泊旅行、もちつき等を随時実施。
施設内外で行う四季折々のレクリエーション活動を企画し、利用者の方が心豊かで生き甲斐のある日々を過ごせるよう配慮しています。

施設のお食事について

四季折々の献立を中心に、利用者の嗜好に応じた献立(選択献立・鍋料理・バイキング料理)を用意し利用者の豊かな食生活の実現に努めています。

施設よりご家族さまへ

大阪府の泉南市に位置する当施設は、晴れた日には窓から関西空港が望め、ビーチまで約5分と抜群のロケーションにあります。
近隣には大きなショッピングセンター(イオンモール)もあり、買い物にも便利で快適な生活環境が整っています。
ご利用者さまのご家族、縁者さまには施設だよりを発行し、利用者さまのご様子をお知らせしております。

  • 〒590-0535 大阪府泉南市りんくう南浜3-10
  • TEL.072-482-8012
  • Eメール:rinkuminato@minatoryo.or.jp
  • 最寄り駅:南海本線 「樽井」駅より約600m(徒歩:約10分)